医療・介護・福祉の転職市場の動向

医療・介護・福祉の業界は景気に左右されにくいですが、慢性的に人手不足の問題があり、厚生労働省の一般職業紹介状況では引き続き転職者にとって有利な状況が続くと予測出来ます。
厚生労働省の調査によると、2020年には20兆円まで拡大される見込みであり、2025年には800万人もの団塊の世代が75歳を迎える2025年問題も待ちけてます。
独居高齢者の増加にともない、保険外サービスも需要を伸ばしつつあります。
保険外のため、介護保険は適用されませんが、痒い所に手が届く便利なサービスは期待出来ます。
今後は人手不足を補うために、介護ロボットを導入する企業も増えてくると予測できそうです。
これまで重労働であると言われていた介護の現場が、ロボットにより変わる未来も遠くないかも知れないです。
医療・介護・福祉の業界では、保健師・看護師・ケアマネージャー・介護福祉士・社会福祉士などの資格・経験があると有利です。
有資格者・経験者が有利である一方、慢性的に人手不足な医療・介護・福祉の業界では、未経験者歓迎の求人も珍しくないです。
医療事務や介護など資格・経験がなくとも応募可能な求人は多く、未経験者であってもチャレンジしやすい業界であるといえます。
特に介護・福祉の分野では、意欲やコミュニケーション能力を重視する求人も多く、仕事の大変さから離職率も低くないことから、やる気と忍耐力のある人材は歓迎される傾向にあります。